こんばんは、ペラ班の藤井です。
最近、ヒコーキ部ログの更新が盛んになってきてとてもうれしいです。
今日は金曜日ということで僕の1週間の作業報告をしたいと思います。

以前スピナーが完成した報告をさせてもらいましたが、今度はテールコーンを作るということで、
Solid Worksでポチポチとデータを作り、大学のCNC部屋へ向かいました。

DSC_0603.jpg

データを読み込ませ、原点を調整し、切削スタート! とても順調そうですDSC_0604.jpg



しかし、3時間後様子を見に行くと、途中で止まっていました・・・。失敗です・・・。
あまりのショックで写真を撮るのを忘れていました。申し訳ありません。


気を取り直して、ペラを作ります。

実はこの前のTFの時にTUMPA様のペラを見せてもらったのですが、あまりのツルツルさに感動しました。
それと同時に、自分たちのペラの表面処理をやり直すことに
一応塗装まで終わっていたので、まずは塗装をはがすか。 ということではがすことに
最初はやすっていたのですが、アセトン使えばよくない?と、アセトンを使ってみると落ちる落ちる!

調子に乗ってアセトンをかけまくっていたら、カーボン積層のつなぎ目からアセトンが侵入、充填材のスタイロを溶かしてしましました。
ふにゃっふにゃ スカッスカのペラを前に悲しみに打ちひしがれました。

※幸い被害は小さな範囲だったので、班長の緊急手術を経てペラは復活しました。
  こちらも撮影どころの騒ぎではなかったので写真はありません。

僕の1週間の作業進捗はゼロどころかマイナスという残念な結果に終わりました。
こんなんでいいのかと、先が思いやられます。


2015.06.05 Fri l プロペラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Bom dia. <ボン ジーア>. ペラ班の藤井です。
今回はプロペラ班っぽいことを書こうと思います。
ペラ班長から依頼されていたスピナーが完成しました!
僕の配色のセンスが個性的過ぎて、マンゴーサンデーと言わてしまいました。
中身は発泡-ティッシュ積層-パテ-塗装 となっております。
思ったより表面が綺麗にならず残念です。正直去年の方がきれいなのでとても悔しいので、
時間があればもう一個作ってみようと思っています。
DSC_0548.jpg
/*最近キャッチボールにはまっています*/
2015.05.25 Mon l プロペラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
プロペラ班の難波です。
よろしくお願いします。
一応ペラ班で一番偉い人やらしてもらっているもんです。

なんか最近ペラ班ちゃんと活動してんの?とか根底から理解に苦しむ噂をちらほらと聞いているので、このままでは他の班からハブられ四面楚歌状態になるので僕達頑張ってるんだよアピールするために活動報告しまーす♪ イェイッ

2012.01.22 Sun l プロペラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは
代表の藤目です。

いよいよこの時が来ました。
カーボンプロペラの製作において最大の山場「真空引き」に挑戦する時です。

思い起こせば夏休みの試作ペラでの失敗以来、(詳しくは右のカテゴリ「プロペラ」を参照)
色々と解決策を練ってきた成果を見せる時です。

それでは写真たっぷりでお送りします。
CA3A0849.jpg
まずは、カーボンクロスにエポキシ樹脂を染み込ませていきます。
2011.05.16 Mon l プロペラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうも

代表の藤目です。
だいぶ前に試作ペラの製作過程について書きましたが一通り完成したので載せておきます。
CA3A0503.jpg

写真の通りパテ盛りをした後それをやすって形を整え、サーフェイサーを吹いて表面を仕上げました。
CA3A0552 - コピー

ただ所々やすり過ぎてしまい、カーボンの下のリブが露出してしまっている箇所がいくつかできてしまいました。
それがもとで中のスタイロを溶かしてしまったり・・・
やはり真空引きの際にカーボン繊維の一部が波打ってしまったことが主な原因かと思われます。写真に撮ると綺麗に見えるんですけどねぇ

まぁ端的に言ってしまえば失敗です。やはり真空引きは難しいです。とはいえ解決策はあるので本番ペラを作る際には絶対成功させたいですね。

重量は塗料を含めて約420gでした。カーボンペラにしては割と軽く仕上がったのかなと思っています。

それではまた~
2010.11.17 Wed l プロペラ l コメント (0) トラックバック (0) l top