FC2ブログ
こんにちは。記事を書いていたら突然データが消えて、日付が変わっていました。
おひさしぶりです。てらけんです。

先月のいまごろ、鳥人間コンテスト本選に参加してきました。

その様子がついに本日、8月29日(水)の19:00から日本テレビ系列で放送されます!

それで当日の裏話でもしようかなと…

私たちは、本来7/28に現地に入る予定でしたが、急遽、台風12号の影響で予定を1日早めて7/27に現地に入りました。







機体を搬入し、陣地を展開している様子です。

この急なスケジュール変更にもかかわらず、先輩方、学務の方々、運送会社の方々、そして部員たちみんなのおかげさまで、なんとか機体を運び、機体審査を受けることができました。



機体審査合格シールを貼る設計の様子です。このシール3枚を貼られないと鳥人間コンテストに出場することは認められません。実に8年ぶりにこのシールを機体に貼ることができて嬉しい限りです。







機体を運搬している様子です。静岡大学の機体は、他の大学はやっていない低翼機のため、運搬だけで様々な苦労がありましたが、力を合わせて運びました。



そして、これが待機中の僕です。パイロットといえばこういうサングラスですよね?

みんなが一生懸命運んでくれて、ぼくはフライトに向けて体力を温存することができて、本当にみんなには感謝しています。


まあ、とりあえず、そんな感じでした。競技の結果は放送を見てください。

今日8月29日(水)の19:00です!
もし都合がつかないなら録画をしておくように!


以上!解散!
2018.08.29 Wed l 製作以外の活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは、パイロットのてらけんです!

4/6に重心測定を行いました。この試験は、機体の重心がパイロットが搭乗したときに設計値通りになっているかを計測するものです。




実は、3/28に重心測定を行う予定だったのですが、ぼくは自転車で落車して怪我をしてしまって延期になってこの日に行いました…

でも大した怪我ではなかったのでトレーニングを頑張っています♪





今年の機体は設計値は翼弦長の35パーセントですが、見事にその付近の値で落ち着きました!

来週のグラウンドでのテストフライトに向けて引き続き製作を頑張って行きます!!

2018.04.08 Sun l 製作以外の活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top

こんにちは、パイロットのてらけんです。
今年もこの季節がやって来ました。いえ、やって来てしまいました…

そう、鳥人間コンテストの書類選考の結果が届くときです。書類を書いているときはテスト期間で、忙しい中、頑張って自分たちの機体への想いが届くようにと頑張って書きました。

そして結果は………


見事に、合格です!!!
この夏、静大の洋上迷彩の機体が琵琶湖の空を飛びます!

書類選考の書類を制作するにあたり、たくさんのOBの方々にもお世話になりました。本当にありがとうございます!

まだ機体は未完成なので引き続き頑張って製作を続けていきます。

静大が強豪チームになるためのスタート地点にようやくたてたと思います!

パイロットとして、副賞のカセットコンロをもらえるように頑張ります!

 

2018.03.30 Fri l 製作以外の活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お久しぶりです。
いやー、最後の更新が12/28で止まってたのに気づいて、更新しようかなと思ったので更新します。

ただ、現在テスト休みで本格的な活動はしていません。現在は鳥人間コンテストに向けて書類を書いているくらいで、正直書くこともないな~って感じです笑

ただ、

http://suacbird.blog121.fc2.com/blog-entry-189.html



ヒコーキ部の過去の記事にこんなのを見つけました。作業場って3回も変わってるらしいですね…


そしてなんと4回目の部室のの変化が始まりました!

まだ鉄骨のじょうたいですがどんな作業場になるか楽しみです🎵



あと全然関係ないんですが先日作ったラジコンを自作の空母(?)に乗せて天竜川河川敷で飛ばそう…としたんですが強風で飛ばせませんでした…

来週リベンジしたいですね!(あれ?テストは?

それではまた
2018.01.28 Sun l 製作以外の活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top

発表が遅れてしまってすみません。
12/21日の会議で来年度の機体名が決定しました!!!

                                  

SU-11D翔燕……名前の由来
 静岡大学ヒコーキ部十八代機体翔燕の名の由来をここに記す。

文字の意味について
・「翔」の字は翼を広げて飛ぶという意味で、「燕」は大きさに対して重量が軽いので、どちらも大きくて軽い人力機らしさが表れているから。

なぜ翔燕なのか?

・翼根(中央翼)が太く、すぐに翼端に向けて直線的に細くなる形と途中上反という本年最大の特徴がツバメと重なるから。

 図1   ツバメ    腹面図

図2    翔燕俯瞰図

・低空飛行時に地面翼効果により粘れる低翼機と、地面すれすれを難なく飛ぶ浜松のツバメと似ているから。


・人家の近くの巣で育ち、人に守られながら育って巣立つ姿が多くの先輩(OB)に助けられて作られていっている本機と似ているから。


・ツバメは渡り鳥で、日本などで育って後、海を渡って冬を越して翌年また生まれ育った土地へ帰ってくるので、プラットホームを飛び立って湖上を渡り、またプラットホームへ還ってきてほしいという願いを込めて。


・本チームは機体名が一年毎に漢字名とそうでない名前を繰り返していて、本年が漢字名の年だから。


・前年よりももっと飛べるようになってほしいので、前年の機体名がHoney Bee(ミツバチ)であるからそれを空中で捕えられる飛行能力を持つツバメから。

利点


・B3(ビー・スリー)雪風と11D(イレブン・ディー)翔燕が似ててかっこいい。

平成29年12月28日 静岡大学ヒコーキ部十八代フレーム班 近藤弘基

近藤さん、かっこいい名前をありがとう!

同じフレーム班、そしてパイロットとしてぼくは頑張ります!

2017.12.28 Thu l 製作以外の活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top