こんにちは、駆動班のかみのです。

この前の土日、浜松科学館でヒコーキに関する展示を行いました。
内容は、人力ヒコーキのフライトシミュレーター・各パーツの展示でした。

(準備の様子)
浜松科学館 会場

(フライトシミュレータを操作する副代表、展示ペラ)
浜松科学館 シミュレーター浜松科学館 パーツ展示(ペラ)

土曜はクリスマスと重なったためか、客足が今一つでしたが、日曜は結構人が来てくれました。
中にはリピーター(3~4回くらいかな)の方もおられ、内容としては良かったんじゃないかなと思います。

これを通して、人力飛行機に興味を持つ人が増えてくれれば幸いです。

展示を行うに当たり、科学館の関係者の皆様には深く感謝します。

それと、展示に参加した部員の皆さん、お疲れ様でした。
2010.12.28 Tue l 製作以外の活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうも
代表の藤目です
冬至だった昨日の夜はヒコーキ部の忘年会がありました。
大学の生協食堂を貸し切って、学生フォーミュラのSUMと宇宙エレベータのSATTと合同で計50人が参加しました。
久しぶりにフラフラになるまで酒を飲んでしまいました。
僕は飲み食いばっかりしてたので写真撮るの忘れてました。
もし持ってたらだれかupして

そのあとは余った酒を持って副部長の家に数人で押しかけて一晩中トランプとゲームしてました。
朝帰りなので今めちゃくちゃ眠いです。だからもう寝ます。


皆さん今年も1年間お疲れ様でした。
しかし、機体製作はまだまだこれからなので来年も頑張りましょう。

あと来年の鳥コン開催が決定したそうなのでちょっと安心してます。
それではこの辺で

2010.12.23 Thu l 製作以外の活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは、駆動班のかみのです。

先日(12/19)、アクトシティ展示ホールへ「はやぶさ」を見に行きました。
20101219_hayabusa_mokei
「はやぶさ」の実物大模型

実際に任務で使用したカプセルやパラシュートなどが展示されていました。
(因みに撮影厳禁であったため、画像はありません)
ヒートシールドが焼け焦げており、「はやぶさ」の任務の過酷さを物語っておりました。
こういうのは見に行きたいと思ってもなかなか行けない場合が多かったりするので、来てくれて本当にありがたかったです。

ではこの辺で失礼します。
2010.12.21 Tue l 製作以外の活動 l コメント (1) トラックバック (0) l top
こんばんわ
代表の藤目です。
ローマ字表記はもうやめた
書き込もうと思ったら駆動班長に先を越されちゃってた(笑)ので、日にちを跨いでから投稿しました。
これなら何も問題ないはず            だよね

今日(昨日?)はめちゃくちゃ寒かった
いよいよ本格的に(部活の)冬眠の時期がやってきているのだろうか・・・

毎年この季節はあまり人が集まらないらしいんですよね

しかし本当に冬眠してしまっては大会直前になって慌てることになるので今こそ頑張らなくてはいけません
今日は翼班長がバイト&翼班員がいなかったので代わりにリブを切ってました。
今の時点で全体の約8割のリブの切り出しが終わりました。
この後は後縁材やプランクのスライスに移ることになります

うちのチームには変圧器が1個しかないから垂直熱線とスライサーを同時に使えません。
せっかく新型のスライサーを導入したのに効率upがいまひとつな気がするなぁ。
ならもう1個買えば済む話ですが今はカーボンパイプ等の出費で今は部費がほとんど無いので我慢です。
CA3A05811.jpg
↑これはリブのテンプレート(鳥コン業界ではマスターと呼ぶ)で、厚紙に印刷用紙を貼り付けて作っています。
上がフルコード、下がハーフコードリブ用です。
2010.12.17 Fri l 主翼 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今晩は、駆動班のかみのです。

現在うちの班では、フライス盤・旋盤を駆使して部品を製作してます。
20101218_buhin
ボックスとなる板(計5枚)とメインシャフト

今回は形を整えただけですが、これからはベアリング用の穴あけなど、
大変な作業が増えてくるとは思いますが頑張っていこうと思います。

超テキトーな内容でしたが、これで終わります。
2010.12.16 Thu l 駆動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうもどうも
代表の藤目です
最近は特に寒くなってきましたね
それと同時に部室に来る部員の数もかなり減ってきてしまいました。
どうやら冬眠に入ってしまった者たちがいるようです
これから忙しくなるからできれば来てほしいんだけどねぇ

それはそうと最近はリブや後縁材を作りつつ、一方で来年度機体の3DCGを作ってます。
というのも、来年どんな機体を作るのかまだ分かっていない1年生が結構いるようなので。

皆さんはGoogle Sketch Upってご存知ですか?
無料でダウンロードでき、しかもそこそこ高性能なモデリングソフトだと思います。

同じフリーソフトとしては「Blender」が有名ですが、僕にとっては使いにくかったのでこちらを使っています。
とはいっても人力飛行機のモデリング方法についてはどこを探しても見つからなかったので最初は苦労しましたが今ではだいぶ上達してきました。

まだ途中ですが、来年度の機体はこんな感じです↓
suac2011.jpg

2010.12.15 Wed l 製作技術 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうも
代表の藤目です。

現在我々のチームでは、次期機体の主翼パーツの製作を行っています。
今年出場した機体は2年計画で作っていたため、製作速度はわりとゆっくりでしたが次期機体は来年の4月中旬にロールアウトすることが目標なので製作効率の大幅な向上が最大の課題とされています。

そこで、ここ最近は特にスタイロフォームを加工する道具の製作に力を入れてきました。
そのいくつかを紹介致します。

まず最初に垂直熱線です。
数年前の交流会資料に図面が公開されていたのでそれをもとに作りました。
これは主にリブの切り出しに使用します。
CA3A0420.jpg
今後改良するとすれば、アームの高さを自由に上げ下げできるようにしたいです。

次に、半自動スタイロスライサーです。
これに関しては以前にもこのブログで取り上げましたが、個人的には人力飛行機の製作において最も使用頻度及び重要度が高い工具だと思っています。
なぜなら、主翼のリブ、プランク材(外皮)、後縁材等は全てこのスタイロフォームでできており、精度の高いスライサーを持っているかどうかで主翼の完成度が大きく変わるからです。もちろんこれだけではありませんが。

ほかのチームのブログを拝見すると、どこも非常に素晴らしいスライサーを持っていたので今年こそは我がチームにも導入したいと常々思っていました。
2010.12.04 Sat l 製作技術 l コメント (0) トラックバック (0) l top