どうも、ヒコーキ部翼班のyoneです。
今回は最近の翼班の活動について紹介したいと思います。現在翼班は尾翼の図面を製作しており、1枚目の画像は設計の助言の下で翼型解析ツールxflr5を用いて翼断面のおおよその圧力分布を確認しているところです。なんか解析画面ってかっこいいですよね。(よくわかってない顔)
これを参考にして翼型に支柱(ストリンガー)用の穴を空けたり桁が通る穴を空けたりしつつ図面を完成させていきます。この作業でもプロペラ班同様にJw_cadのお世話になります。
こうして出来た図面を工作用紙の大きさに合わせて並べてプリンターで印刷し、これに合わせてスタイロフォオームを切り出して翼のリブを作って行くのが今後の翼班の活動となります。
翼ブログ用

よくはぁん


2017.04.17 Mon l 主翼 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どーも、静大ヒコーキ部プロペラ班の渡邊です.
静大は例年スタイロ充填のカーボンペラを製作しています.しかし、現在私たち18代は新しくバルサペラに挑戦しています.
バルサペラというのは、バルサという木材を使用したプロペラで,非常に軽いということが特徴です.去年バルサペラを一本製作しましたが,春の交流会のときに他大学から多くのアドバイスをいただくことになります.
現在JWWCADで治具を製作しています.他大学とは違い,レーザーカッターではなくNCフライスで製作するつもりです.機械の都合上,先端部分が削れないことが分かったので,そこは合わせるときには使用しないことにしました.結果,画像のように21世紀の猫型ロボットの腕のようになってしまいました.笑


キャプチャ444
2017.04.11 Tue l プロペラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
電装班のBobです。ヾ(・∀・)ノ
花粉の巣立ちのシーズンになりました。感動のあまり、鼻を啜ったり、目をこすっている友達がたくさんいます。私は薄情なのでそんなことはしないのですが。(-∀-)
電装班の最近の活動を簡単に紹介したいとおもいます。一度アップロードしたと思ったら、出来ていなかったアクシデントに会いましたが、気を取り直して再度チャレンジします!!
今、電装班の18代の活動として、対気速度を計測する機器をつくろうとしています。対気速度とは、自動車のように地面に対する速度ではなく、機体の周りの空気に対する速度のことです。飛行機は翼周りの空気の流れによって、飛ぶのに必要な揚力を得ています。つまり、地面に対する速度よりも、機体をとりまく気体(おっ?)との相対速度の方が重要なのです。一般的に飛行機はピトー管を使って対気速度を測定しているのですが、我々はロータリエンコーダにプロペラを装着して、その回転数から対気速度を測定しようとしています。回転した回数を読み込むプログラムは(たぶん)出来たので、我がヒコーキ部の次期会計担当の鳥取君にArduino Unoを買ってくれ!と頼みました。届き次第、ちゃんと計測が出来るか確かめたいと思います。

話は変わりますが、そろそろ新入生が入ってきます。(?)
新たな部員に軽く航空力学について説明する役目を頂きました。そのためにPaintを使っていろいろな図を描きました。幾つか紹介します!
・ベルヌーイの定理


・抗力

・飛行機のつり合い(その1)*その2はまだ出来ていない(っω・`。)

これらの図を使って、航空力学入門の入門講座をする予定です~

今回はこれまでです!



2017.04.04 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top