どうも
代表の藤目です。
後期が始まってから毎日がとても忙しく、またちょっと更新が途切れてしまいましたが頑張って書きたいと思います。
今回で最終回となる夏休みの活動報告は秋の学生交流会についてです
実は今回全くと言っていいほど写真を撮っていなかったので文字だけになってしまいました。読みづらかったらすみません

鳥人間サークルの間では、年に2回学生交流会という行事があり、全国の同じサークルに所属する人達と意見交換をしたり、懇親会(飲み会)をすることができます。今回は東京理科大学での開催となり、我がチームからは6人が交流会及び懇親会に参加しました。

会場に着いてまず最初に驚いたのがその敷地の広さでした。
工学部以外にも学科があるとはいえ、静岡大学の浜松キャンパスと比べて桁違いに広かったです。
いや~ホントにうらやましい限りです。

そして今回の参加人数がなんと約490人もいました!
前回の早稲田大学での人数が約400人程度だったそうなので、回を重ねるごとに規模がどんどん大きくなっています。
全国にはこれだけ多くの鳥人間達がいるんだなぁと改めて実感しました。

会場の中に入るととなりのトトロが放映されていました。私は今回で3回目の参加ですが、交流会の最初の待ち時間には毎回ジブリの映画が流れてます。これは学生交流会の伝統だそうです。

まず最初に次の開催場所を決めるのですが、拍手による投票?の結果大阪大学に決まりました。
このとき、果敢にも北海道大学の方が立候補していてちょっとびっくりしました。(笑)

そして代表チームによるプレゼン発表の後は、パート別に分かれて話し合いを行うことになっています。

私が行ったのは代表の部屋なのですが、ディスカッションやフリートークを通して、様々な方と貴重な意見交換を行うことができました。

たとえ強豪チームであっても、それぞれがいろんな問題や悩みを抱えており、「代表」という仕事の難しさや重要性を再認識することができました。
ここでの体験は今後の自分にとって必ず役に立つと思います。

私は今までに計3回参加していますが、今まで知り合った人の中には初参加の時から毎回会える人もいたりと、全国に友達ができるのもこの交流会の魅力だと思います。

さて、意見交換会が終わった後は、みんなで食堂に集まって食事会をしました。毎回すぐ料理がなくなってしまっていたようなのですが、今回からはかなり量が増えてみんなお腹一杯食べれたようでした。

この時私は愛媛大と大阪大学の設計担当の方と一緒にお話しをさせていただき、低翼や無部翼機などの特殊機体について色々とアドバイスをいただきました。

我がチームは来年度の機体も低翼なのでとても参考になりました。

そして、この懇親会の最後を締めくくるのは毎回恒例のビンゴゲームです。因みに私は今までに1回も当たったことがありません。よって今回も結局当たりませんでした(笑)

しかしながら副代表とフレーム班長が当たって商品をゲットしてたのでチームとしては戦利品を獲ることに成功しました。

あっという間に楽しい時間が過ぎ、2011秋の学生交流会は終わりました。

次の交流会も楽しみにしています。


以上で夏休みの活動報告を終わります。


2010.10.06 Wed l 製作以外の活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://suacbird.blog121.fc2.com/tb.php/121-05a25022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)