あけましておめでとうございます
代表の藤目大智です。

昨年はたくさんの方々にお世話になりました。
2011年も鳥人間コンテスト出場を目指して頑張っていきますので
今年も静岡大学ヒコーキ部をどうぞよろしくお願いいたします。


さて、これだけだとちょっとさびしいのでもう少し書かせていただきます。
現在ヒコーキ部は年末年始ということで一時作業はストップしております。

というか大学が閉まっちゃってるので作業したくても出来なかったんですけど。

代わりにちょっと前にもこのブログで取り上げた、今年の機体の3DCGの仕上げをやってました。
もちろん年末年始は実家の香川で過ごしましたよ。

僕はフリーでダウンロードできるGoogleSketchUpを使っています。
直感的操作でき、自由度が非常に高いのが特徴ですが慣れるまでにはある程度の練習が必要です。
また、もともと建築物のモデリングに特化したソフトなので、初期状態でいきなり飛行機や車など大部分が自由曲面からなる物体を作るのはやや難があると思います。
因みに3Dギャラリーには世界中のユーザーが作った膨大な数のモデルがあるのでここからダウンロードするだけでも結構楽しい
とここまでは前回の復習

この間は主翼と尾翼がまだ未完成でした。そこで今回はそれも完成させ、各部の塗装も終え背景も付けてみました

suac2011 3Dmodel


1枚目の画像だと分かりにくいですがちゃんとリブの肉抜きもしてます。とはいえ、ウィングチップやその他細かいエアロパーツは作っていません。全部やろうとするとさすがに気が滅入りそうになるので
suac2011 wing

機体の外観は2006年度に出場したものとよく似ています。この時は定常飛行には成功しましたが、直後に羽が折れてしまいました。しかし、ダイダロス型とは明らかに違う機体が見事空を飛んだ瞬間でした。因みにこの飛行機のモデルはF4ファントムだそうです。確かに言われてみれば似てるような・・・
d0075908_35536991

上のモデルはまだレンダリングしていないので今のままだとCG感丸出しです。
これを本物っぽく仕上げるためにはレンダリングソフトが必要です。
しかしSketchUpにはレンダリング機能がありません。
そこでこれに関してもフリーソフトを探してくる必要があるのですが
今のところの候補は、

Kerkythea(カキーシャ)
POV-Ray
podium
indigo

といったところでしょうか。

おそらく一番上のKerkythea(カキーシャ)を使うと思います。また、これも前に書きましたがこれらのソフトは全て英語なので最初はとっつきにくいかと思います。まぁタダなので文句は言えませんケド

まあとにかくあと少しなので空いた時間を使って仕上げていきます。

それでは今日はこの辺で

追々記(01/05)
飛行機のノーズ部分のモデリング方法はこちらの動画が一番分かりやすいかと思います

2011.01.04 Tue l 製作技術 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://suacbird.blog121.fc2.com/tb.php/153-60cf64dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)