こんばんわ
代表の藤目です

進捗の報告がだいぶたまっていたのでここで一気にお知らせします。
1日に2つも記事書いてすんません

まずは主翼のプランク(外皮)貼り
今年からスタイロプランクに変更しました
まずはドライヤーで前縁の形に曲げ、
CA3A0757.jpg
リブの間隔に合わせてプランク材を切っていきます。
CA3A0756.jpg
そしてそれぞれを合わせた後スチのりで接着!

去年まではスチレンペーパーを使っていたのですが、高精度スライサーの導入により我がチームでもいよいよスタイロプランクが可能となりました。どんなメリットがあるのかというと、リブと同じ材質のため接着の相性が良いのです。以前起こっていたリブとプランクの剥がれもなくなりました。
あと厚さも自由に変更できるし

そして貼り合わせの方法も大幅に変更しました。
以前はこのようにプランクを大きな1枚につなげてから、
CA3A0011.jpgCA3A0012.jpg
がばっと一気にかぶせるように張り合わせていたのですがこの方法、相当な熟練が必要なのです。
貼り合わせの際にちょっとでも力加減をミスると、このように
090619_1754~0001CA3A0033.jpg
しわができたり、リブが歪んだり、表面がベコベコになっちゃいます。
実際そのような事が去年度の機体に頻発していました

今年の方法みたいに1区画ずつちまちま張るより一気に貼り付けた方が楽なようにも見えるんですが、プランクは主翼の空力性能に直結する超重要パーツなので、より確実な方法を選択しました。やっぱり背に腹は代えられません。
というか総製作時間的にはどっちもどっちだったりする。

で、完成品がこちら(まだスチのりが乾いてないのでガムテープ張ってますが)
CA3A0758.jpgCA3A0759.jpg

追記(5/6夜)ガムテープをはがした後
CA3A0760.jpgCA3A0761.jpg
結構きれいにできてます

色々と反省点もあるのですが採用1年目にしてはそこそこ綺麗に仕上がっていると思います。しかもこれを作ったのは僕以外全員新入生です。中には入部3日目、スタイロにカッター入れるのすら初めてだった子も
春休みに尾翼であれこれ試して順序は確立していたので割とスムーズだったと思います。
因みに尾翼はこちら
CA3A0706.jpg
とはいえ、結局今年のプランクはドライヤーで曲げて製作しているので精度的には立体切り出しにかないません。
以前夏休みにNCフライスを使ってプランクの立体切り出しの為のテンプレートづくりを紹介しました。
そこで、来年は立体切り出しに挑戦するかも~♪
とか調子に乗って言っていましたが、試作品を作る時間が無かったのと材料の確保ができなかった関係で今年は見送りました。
それは今後の後輩たちに期待します


次に、プロペラ
こちらは現在充填剤の削り出しの途中です。削りすぎちゃったところは紙粘土で補修しつつ、いよいよ最終仕上げに入っています。
早く真空引きがしたいんですが、最近主翼が忙しくてなかなかこっちを手伝えません。
僕も本業はプロペラ班なんですがね
削ってくれてるのは次期設計兼ペラ班長候補のI君
CA3A0748.jpg
因みに僕と全く同じ道を歩もうとしている

設計と他の班長兼任するとキツイよとだけ言っておこう
CA3A0749.jpg
なかなかきれいに仕上がりつつあります。
もうすぐ真空引きに入れそうです

今月の中旬までにはなんとかプランク貼りと真空引きを終えられる様に頑張りたいと思います。
あと早くフェアリングも作らないと


最後に
静岡の大学生が中心となって発行するフリーペーパー「静岡時代」の6月号に
我らヒコーキ部が載ることになりました!
来週の土曜日に編集の方が部室へ取材に来られます
これはヒコーキ部の名を広めるチャンス!

さて、部室でも片付けようか・・・・

あっ
そういえば今日誕生日だ
誰か焼き肉連れてって~
それではまた
2011.05.06 Fri l 主翼 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://suacbird.blog121.fc2.com/tb.php/182-8dee81e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)