どうもこんばんわ
代表の藤目です。

現在プランク貼りもいよいよ大詰めを迎えております。
相変わらず僕たち3年生は授業が遅くまであるので、どうしても作業開始時間が遅れちゃうんですよ。
しかし1年生はまだ比較的授業数が少ないので早くから作業を始めてくれています。

おかげさまで例年時間を取られているプランク貼りが一気に進んでいます。
現在全12区画中9区画が完成し、残りの3区画が合わせまで完了
多分明日で終わります。

ここで「合わせまで終わる」とはスチのりで接着する前段階まで終わったという意味で、下の写真のように、
CA3A0788.jpg
プランク同士のつなぎ目がきちんと合うように調整し終わった状態の事を言います。
まだ接着剤は付けてません。

つまりあとはスチのりで接着してガムテで仮固定すればその区画は完了です。
プランクを分割して貼るのは今年から始めた事なのですが、その際に色々な部活用語も生まれました。
今後このブログで使う際には説明を入れることとします。

今日も写真多めです。

いや~それにしても今年の1年生は優秀ですね~
通常こういった単純作業はかなり神経を擦り減らされるので多くの輩は嫌がるのですが、みんな淡々とこなしてくれてます。どうもありがとね。

まぁしかし単純作業というものは何かを作る上では避けては通れません。
そこで簡単、綺麗、そして短時間にできる方法を色々と模索しているのですが、これがそう簡単にはいきません。

プランク貼りという作業は主翼製作の工程の中でも特に重要かつ、場合によってはかなりの熟練が必要な作業だと思うのですが、他のチームの皆様は一体どうやって組み立てているんでしょうか、とても気になります。

(特に分割、曲げ方式を採用されているチームの方)

以下、春休みに色々と試してみて、とりあえずうまくいった方法を出来るだけ詳しく書いてみます。
もっといい方法があれば是非とも教えてほしいです。

ドライヤーで曲げるところまでは省略

まずリブ間隔(リブ厚さの半分から半分までの長さ)を定規で測ります。
CA3A0775.jpg
今回のリブ間隔はフルリブとハーフリブが15cm間隔で付いているのですが、フルリブ同士の間隔30cmを1つの区間としてプランクを合わせます。因みにフルリブの厚さが8mm、ハーフリブが5mmです。一応全区画同じ幅の設計ですが、やっぱり1つ1つ微妙に幅が違うのでこうやって1つずつ合わせる作業が必要になるわけです。

次に前縁の頂点の位置に先ほど測った間隔にカッターで切れ込みをいれます。
CA3A0776.jpg
これから仮止めをする間ずれないように指で押さえておきます
CA3A0777.jpg
ちょうどリブの半分だけがはみ出ているのが分かります
CA3A0778.jpg
上反と下反側、ある程度余分な所を切り落としてガムテープで仮固定します。この際、ある程度しっかりと固定しないと次の作業中にずれてしまい、めんどくさいことになるので注意が必要です。
CA3A0779.jpgCA3A0780.jpg
写真だと分かりづらいんですが、リブが通っているところは透けて見えるのでカッターを使ってリブ厚のちょうど真ん中の位置に適当な間隔で傷を付けていきます。(マジック等でも可)
CA3A0781.jpg
先ほどの目印に沿ってガムテープの端を合わせていきます。この一連の作業を僕たちは「マーキング」と言ってます。特に前縁(頂点)部分は上反側と下反側できちんと直線上につながるように気をつけましょう。
CA3A0782.jpg
そしてそのガムテープの境目に沿ってカッターを軽く入れます。この時、一緒にリブまで切ってしまわないように注意しましょう。だいたいプランク厚の半分位まで切れ込みが入ったら、簡単に割れます。
CA3A0784.jpg

これでリブ厚のちょうど中心から中心までプランクが掛かるように加工できました。
CA3A0785.jpgCA3A0786.jpg
ここまでの作業を1つ飛ばしに行います。何故こうするかというと、人数が揃えば一度に複数ヶ所を同時に行うことができるからです。
CA3A0756.jpg
終わったら、残りをまた同じように行います。
こうして1翼分全て終わったら、一度リブの上に乗せてみてちゃんと全てのつなぎ目がリブの上に来ているかを確認します。しかし大抵の場合はうまくいかないので、ヤスリで削って調整します。
あと、横も切って長さを揃えます
CA3A0794.jpg
最後にスチのりで貼っていくわけですが、うちの場合は誤差の蓄積を少なくするために真ん中から端へ順番に貼っていきます。
CA3A0758.jpg

そしてガムテープで上から押さえつけるようにしっかりと固定して完了。
あとは一日待って剥がせば完成です。
CA3A0792.jpg

とまあこんな感じなんですが、どうでしょう?
やることは多いように見えるんですが、数日練習すれば誰にでもできるものばかりだと思います。
実際今年度機体の大部分のプランクは新入生が作っちゃいましたし

文章力に自信がないのでちゃんと伝わるかどうか分かりませんが、とりあえず僕たちはこんな感じです。
来年からはもっと大きなスライサーを実用化させて分割数を少なくしたいですね。

それでは今日はこのへんで


5/17
プランク貼りがひと通り終了

5/19
後縁材接着開始

現在全体の1/3が終了
ビシッと揃ってます

写真は後々up予定

5/21
プランク貼りが完全に終了
フィルム用に両面テープを張り始める

静岡時代編集の方が再び撮影に来学

その後作業場に子供たちが大勢見学に
正直リブを折られるんじゃないかとヒヤヒヤした・・・



2011.05.17 Tue l 主翼 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://suacbird.blog121.fc2.com/tb.php/187-c842dbe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)