代表の藤目です。

そういえばこのブログが開設されて以来、部室の外観が映っている写真が1枚もなかった気がするなぁ。
というわけでテキトーに写真貼って紹介しておきます。

僕が2009年春に入学して以来、実に3回も引越しをして現在の作業場に落ち着いたので今後もどうなるかは分かりませんが、とりあえずメインの部室は
CA3A0496 - コピー
手前のガレージと奥の倉庫です。
主にリブ切り等の精密作業は手前のガレージで、組み立てた主翼などの大型部品は奥の倉庫に保管します。
真夏は40℃以上の灼熱、真冬は0℃近くまで冷え込む部員泣かせの部室です。
しかし製作場所があるのは非常にありがたいと思ってますよ。


~以下は作業場の紹介を~

まずはこの部室のちょうど向かい側にあり、去年の春に完成した
「次世代ものづくり人材育成センター」
CA3A02041.jpg
めんどくさいからみんな新工作センターって呼んでます。

ここは主に駆動班が使用しています。たしか去年のブログでも紹介ましたね。
広さや保有する工作機械の質、数の面でも全国トップレベルらしい。
因みに総工費約5億円。国の補助金と浜松工業会全面支援のもと建てられました。
CA3A02021.jpg
↑広い!しかも冷房完備

通常は使用料がいるのですが、僕達ものづくりサークルの学生はなんと、
無料!
で使えます。
使用時間は通常平日の18時まで

「新」があるということは「旧」工作センターもあります。
新工作センターの横にあり、元々はこちらに工作機械が入ってました。
CA3A0790.jpg
外観図が手持ちになかったので中の写真を
因みに戦時中は陸軍の高射砲の保管庫だったらしく、2階には徹甲弾を収納していたと思われる木箱が!

今は僕らヒコーキ部と学生フォーミュラチームSUMがほぼ独占手的に使わせてもらってます。
ヒコーキ部に割り当てられた作業スペースは主翼の片翼分を全て繋げられる広さがあり、
通常は平日の18時まで、延滞届けを出せば工作機械を含め20時まで使用できます。
主に主翼の組み立てや保管に使用させてもらってます。休日使えないのがちょっと残念

近々耐震工事があるとか無いとか

今使わせていただいている場所はこんな感じです
部室見学は随時受付中なので、希望者は

mail:shiz.u.airplane.c□gmail.com (□→@)
まで連絡を!

以上です




2011.05.22 Sun l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
徹甲弾じゃなくて薬筒ですよ。弾薬って意味では正しいですが・・・
2011.05.23 Mon l . URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://suacbird.blog121.fc2.com/tb.php/189-053393e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)