こんにちは、かみのです。

3日前と昨日、立て続けにグランドでテストフライトを行いました。
因みに第4回GTFの前は徹夜でひたすらフェアリングの製作をしてました。

3時半に人が集まってきたところで準備を開始。
4時くらいから組み立て始めました。

gtf3-2gtf3-3

立て続けに行っていてある程度慣れてきたのか、5時過ぎには組み立てが完了しました。

いつも通り、回転試験・重心測定を行った後、いざ滑走試験へ!
今回は、グランドの荒れた部分にベニヤ板を敷いて滑走距離を伸ばしました。
最初の数本はベニヤ板上での滑走に慣れるために機体を軽く転がし、
その後、全力滑走を行いました。

gtf3-7

第3回GTFの結果は無風であったのに加え、右翼と左翼での揚力差により、芳しい結果が出ませんでした。


続く第4回GTFではグランドの南西方向からの風が定期的に吹いており、
急遽その方向へ機首を向け、向かい風の状態で滑走試験を行いました。
(因みにいつもは上の写真のように、東方向に機首を向けています)
ただし、向きを変えたことで滑走距離が少しばかり短くなり、加速時はかなり辛くなりました。

後はひたすら滑走を行い、4~5本目あたりの滑走で車輪の音が消えて数秒間機体が浮きました。
この時、自分はテールを持っていましたが、機体が少し軽くなったような気がしました。
(証拠写真がないのが残念ですが)

パイロットや他のテール持ちの人も「一瞬浮いた」「ちょっと軽くなった」と言っており、
滑走した跡を見ると砂の凹み具合が浅かったです。

しかし、この滑走での停止時に迎角調整金具が破損してしまい、
修復は到底無理であったため、テストフライトを中止することになりました。

破損した迎角調整金具

ようやくバランスが取れ、しかも機体が浮いた直後であっただけに、この様な中止は残念です。

せめてカーボンクロスを巻いて補強するといった対策をしなかったのは迂闊であり、
「次の滑走こそは!」と思っていた人もいると思われますが、本当に申し訳ないです・・・

中止という形で終わりましたが、一瞬とはいえ、機体が浮いた事は嬉しいです。

交流飛行会まで2日しかありませんが皆さん頑張っていきましょう。
ではこの辺で失礼します。


(追記:8/20)
まさかの交流飛行会延期・・・(」°□°)」
総合火力演習が見れなくなりました・・・(泣)

(追記:8/26)
23日に迎角調整金具を改良!
迎角調整金具_改良板
(これで更に精度が良くなったかと・・・)
2011.08.19 Fri l TFや飛行会など l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://suacbird.blog121.fc2.com/tb.php/204-60cf0aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)