電装班のササケンデース。
前回書いた電装班作業風景03の記事に、サーボの種類が知りたいというコメントがあったので、フラッペロンの紹介とともに書いて行きたいと思います。
なぜフラッペロンとサーボの種類を一緒に紹介するのかといいますと、前回紹介した尾翼の舵同様、フラッペロンもサーボモーターで動いています。
実はフラッペロンで使っているサーボモーターと尾翼で使っているサーボモーターは同じものなのです。
それがこちらになります。
DSC_0155.jpg
DSC_0151.jpg
下の写真は前回の記事でも載せましたが、上の写真と同じものを使ってます。
HS-311って書いてありますね。僕はこれをamazonさんにお届けしていただきました。
今amazonをみるとこのモーター無いですね・・・。
別に買い占めたわけではないです。
他の会社の別のサーボモーターでも十分だと思います。
もし性能がどうとかよくわからないようでしたら、探した中で一番安いものを使うといいと思います。
サーボモーターは大きすぎても小さすぎてもお高いようです。

さて、フラッペロンの紹介に移りますね。
・・・フラッペロンってなんなんでしょう。
かく言う僕もよく分かっていません。
僕の中での認識は、翼の途中に付いている動く翼です。
よく分かりません。これが実物です。
DSC_0159.jpg
今年の機体は低翼が売りです。低翼とは、胴体の下に翼がついた構造のことです。普通の飛行機を思い出していただければそれが低翼なんですが、人力飛行機の場合、飛行場で飛ばすときに翼が地面に擦ってしまうんですね。
それを防げればいいなと思っています。
そのためにこんな構造を作りました。
DSC_0154.jpg
右側は、フラッペロンを動かす構造です。
左半分は、サーボモーターと赤外線高度計です。
仕組みは説明しませんが、これで翼が地面からどれくらいの高さにあるか分かります。
翼が地面に近づいたらフラッペロンが作動する予定です。
ちゃんと動くかはわからないんですけどね。
次回は、最近手に入れた新しいマイコンについて語りたいです。
んじゃ。
2013.03.29 Fri l 電装 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://suacbird.blog121.fc2.com/tb.php/304-874dc1e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)