上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ドーモ、電装班のこもりんです。

・・・まあ何故唐突にブログを書いてるかというと、現代表やら次期代表やらがブログ更新してる中、
「そういや、各班の作業記事はどれくらい書いてあるかな?」
と思い至り、カテゴリのとこの自分の班である電装を見てみた訳ですが・・・

                <<<<前回の更新が2年以上前!!!????!!???>>>>

しかもその前も大体数年おきくらいにしか書かれてないじゃない!!!とか思ったので。
あまり柄ではありませんが、”男もすなる日記というものを女もしてみんとてするなり”的な気持ちで書いてみようと思います。


さて、今回は前回(2013.03.29)に前々班長が語りたいと言って語れなかった、マイコンについて少し話してみたいと思います。
すでにご存じの方も多いとは思いますが、ウチで使っているマイコンはArduinoというものです。
マイコンボードと開発環境がセットになっており、プログラムもC++風のものであり、基本的なソースコードが備わってるなど初心者でも扱いやすいものになってます。LEDの点滅やサーボモータの操作、デジタルピン・アナログピンを使ってのセンサの制御などこれ1つで様々なことができます。
機体に搭載する場合には、そのままでは電源やGNDのピンが足りないため、Arduinoのユニバーサル基板上に回路を組むことでセンサ等を制御しています。

20150603_160237.jpg

上の画像は先々代の機体に搭載したものです。三段です。この頃はログをSDカードに保存するためにSDシールドを入れたためこのような感じになってます。だがカッコイイ・・・

20150603_160530.jpg

上は去年の機体<天竜>に搭載された基板です。去年から表示機とログをネクサス7でとるようにしたので、各種センサのピンの配置をこの基板でやっています。ビニル電線がちらほら見えるのは、このユニバーサル基板、両面の穴で通電するため、スズメッキ線が基板の裏表で交差していると、違うところで通電し誤作動が起こってしますのです。そのため、交差する部分をビニル電線で接続しています。

20150603_160603.jpg

さて今年の基板です。ビニル電線がちらほら見えているのがあまり美しくない!と思い、ジャンプワイヤなどを使い改良しました。はんだ付けのいい練習になりましたよ、ええ・・・。この基板で回転計、高度計、サーボモータ、Bluetoothモジュール等々を管理して動かしてます。
ザックリではありますが、こんな感じで今回は終わらせてもらいます。文章構成に若干の不安がありますが・・・。今後また時間があれば、計器やら何やらを紹介できたらいいなぁ、とか思います。

では!
2015.06.03 Wed l 電装 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://suacbird.blog121.fc2.com/tb.php/376-46b2d690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。