こんにちは今回も鈴木です。

今回は機体展示の予定と翼班の作業について書きたいと思います。

始めにヒコーキ部の機体を見てみたい!という方に知らせです。
なんと、11月12月と立て続けに機体を見るチャンスが2度もあります。

11/8(土),11/9(日)に静岡大学浜松キャンパスで大学祭「テクノフェスタin浜松」が行われます。
ヒコーキ部では機体の一部(コックピット部、ペラ、翼などを予定)の展示を行います。
体重等の制限はありますが、コックピットへの体験搭乗をしていただけるようにする予定です。
場所は静岡大学浜松キャンパス総合棟1Fエレベーター前です。

また、当日ヒコーキ部では紙ヒコーキ教室も行います。
ゴム動力飛行機(予定)を作って飛ばしてもらいます。(子供向けです)

なお、テクノフェスタの詳細はこちらをご覧ください。

また12/13(土),12/14(日)に浜松科学館にて開催される
「第19回 おや!なぜ?横丁~サイエンス・アベニュー~」
でも機体の展示をさせていただく予定です。

ヒコーキ部一同多くのみなさまのご来場をお待ちしております。


次に翼班の作業についてです。
現在、翼班では試作翼を作っています。
その製作について紹介していきたいと思います。

一度にすべてを書くには分量が多いので今回の記事ではとりあえずプランク曲げについて紹介します。

ヒコーキ部ではプランクを厚さ3mmにスライスしたスタイロフォームを曲げて製作しています。
これまでの曲げ方はヒートガンでスタイロを熱して柔らかくして曲げていました。
しかし、この方法ではスタイロの一部分しか熱せないため、曲げの時に割れてしまったり、
曲げ方が均一にならなかったりといった問題点があります。

そこで、今回はアルミパイプをヒートガンで熱し、それによってスタイロの曲げる部分全体を加熱し曲げる方法を試してみました。

↓従来手法
CIMG9400.jpg
↓新手法
CIMG9394.jpg

初めに端材を曲げてみた時にはうまくいったのですが、1畳サイズのプランクを曲げるとなると、アルミパイプの熱源から近い方と遠い方とで温度差ができてしまったようでうまくいかなかったです。
もう少し、習熟すればうまくいくのもしれないですがまだよくわからない部分が多いので今後もう少し試してみたいと思います。
また、改良案としてはヒートガンの代わりに電熱線を入れれば温度差が解消されるのではないかと考えています。


ヒコーキ部の翼製作精度はまだまだ低く改良できる部分がたくさんあると思うので、今後とも製作精度の向上に努めていきたいです。
2014.10.14 Tue l 主翼 l コメント (0) トラックバック (0) l top
またササケンですよ。というわけで記事の続き書きたいと思います。
写真これで貼れたんじゃないかな?
P1050419.jpg
12/22,23に行われた桁試験の時の写真(のはず)です。

一応桁試験の説明しますね。といっても簡単にですが…。
まず桁ですが、これはヒコーキで一番デッカイ翼の骨の部分になる黒い筒みたいなもんです。30メートルくらいあります。ヒコーキが飛ぶときはこれがたわんで曲がるので、本番折れちゃわないように事前にテストしようというのが桁試験です。

P1110754.jpg

またまた夜中に体育館を貸しきって作業しました。相変わらず寒いです。
やり方は、桁の真ん中のところをリフトで持ち上げて、ペットボトルに水入れて作った重りを吊るしていくという案外原始的の方法です。リフト高いですねー。3メートルくらいあります。

P1110717.jpg

と、いうわけで重りをじゃんじゃん吊るしていきます。
桁の真ん中に近いところから外に向かって左右均等に吊るします。
外に行けば行くほどたわみが大きくなるので心臓に悪いです。

順調に進んでいるかと思われた桁試験ですが、途中何かが割れるような異音が。
ざわめく館内、慌てる設計、戸惑うトナカイ。
結局その場では原因分からず。(後々発覚)
だが続行。桁試験は無事成功を収める。
音の正体はフランジの割れる音でした(フランジとは、桁同士をくっつける部品)

…というわけで桁試験はなんとか終了し、ヒコーキ部は年内最後の作業を終えました。以上。
2013.01.15 Tue l 主翼 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近お年玉をもらう側からあげる側になった電装班のササケンです。
誰かしら体育館作業の記事を書いてるとおもったら書いてなかったので僕が書かせていただきます。久しぶりなので日本語が心配です。
さて本文ですが、何せ昔のことなんで思い出すことからはじめます。
確か12/8,9にまたいだ夜にフランジ固定した気がします。
一時期「桁接合」なんて呼ばれていましたがそれは昔からの名残りで、実際には桁をはめ込む部品もろもろをくっつけようっていう作業です。
この時期の深夜の体育館の作業は毎年本気で寒いです。普段の比ではありません。
凍えつつ徹夜した結果、無事色々くっつけることに成功しました。
ところで、写真ってどうやって貼り付けたらいいんでしょう?パソコン音痴のシステム工学科生です。
パソコンのバッテリー切れそうなんで、桁試験はもうしばらく後に書きたいと思います。
どうでもいいことですが、これって僕が書いてもいいもんなんでしょうか?
たぶん大丈夫ですよね。そう願います。
2013.01.15 Tue l 主翼 l コメント (0) トラックバック (0) l top
わんわんわんわんわんわんわんわん!
肉球







こんばんは徳田です.
上の肉球,実は肉球じゃなくてモデラーで作ったMDF製のフランジなんです.
フランジ
このあとカーボンでサンドします.最外翼だけ迎角を調整できるようにしています.
本日主桁が勢ぞろいし,リブの製作も順調に進んでいるため,12月8,9日に体育館を借りて桁接合(フランジと桁を固定)をしたいと思います!と同時にフレーム組立もします!
桁

リブ


そして桁接合を終えた2週間後には桁試験を予定しています.
なかなか厳しいスケジュールですが頑張りましょう!

最後に…
航空祭

浜松基地にて航空祭の様子
2012.11.22 Thu l 主翼 l コメント (0) トラックバック (0) l top

2年カーボン班の飯降です.


現在,富士川滑空上でteamFさんのテストフライトを手伝っているそうです.

私も行きたかったのですが,
連絡に気づいた時にはもう定員オーバーで無理でした.

かなり後悔しています) はぁぁぁ~~(;>_<;)
ワンピース見れるからいいかぁ

みなさんはケータイをこまめにチェックしましょうね!

テストフライトの報告はDに任せて近況報告↓↓↓
2012.05.27 Sun l 主翼 l コメント (0) トラックバック (0) l top