8/6(月)のフレーム班の作業報告です!台風が直撃とかなにがしかは気のせいですね、ええ。
ところで静大ヒコーキ部の作業場が新しく(?)なりました。以前まで使用していた作業場が取り壊されることになったのでプレハブでの作業になります。こんな感じです。

パッと見で分かるとは思いますが

せまいです!!(笑)

翼ボックスやフレームボックスも置かれているため、実際に作業できるのはごく一部......自分達も何とか打開策を考えてはいますがもし何かいい案があればご一報ください!


さてしも作業内容についてですが、今日は今週末の第二回GTFに向けての補強等をしていました。第一回GTFではかんざしを作るNCフライスが上手く作動せず、そのため急遽ウレタンを詰めてガラスクロスを巻くことでしのぎました。それをどうにかしようと今日はウレタンを外し、かんざしを作成してエポでくっつけました。作業経過はこんな感じです。




もう一枚作成し、リューターでいい感じに整形。これもエポを付け、上からスズランテープを巻き付けて今日の作業は終了です。
自分はかんざしをリューターで削るのは初めてだったですけれどなかなか思い通りに削れない......(´・ω・) 今後とも精進あるのみですね!

今さらながら今回文章を書かせていただきましたのは1年のチンプンカンプン野郎ですので間違ってる事を書いてるかもしれませんので悪しからず...... 先輩は今トレーニング中です!

何はともあれせっかくの夏休みですのでこれから色々経験していきたいと思います!

皆様も実り有る「鳥人間の」夏休みを!!
2017.08.07 Mon l フレーム・カーボン l コメント (0) トラックバック (0) l top

成果

テールかんざし

静大では、歴代桐の板材をNCフライスで円形に切り抜いて、テールかんざしを作っていました。もちろん今回もそうするつもりでしたが!

NCのエラーでかんざしが出来ませんでした!!

いや、今週末GTFなんですが…

急遽かんざしを発泡ウレタンにしました!

発泡倍率にムラができて、何度も塗り直しましたがどうにかかたちになりました。

主翼マウント補強

主翼マウントをカーボンクロスで補強しました。

雑な絵ですが、こんな風に補強しました。

操縦桿

24エポでつけて、テープでぐるぐるに巻いて固定しました。くっつくといいですね…

次回

テールかんざしガラスクロスやすり

操縦桿補強

2017.07.12 Wed l フレーム・カーボン l コメント (0) トラックバック (0) l top

成果

ガラスクロス 

かんざしが一部未完成なので、一部だけ巻きました

操縦桿

くっつけるのが非常に難しい!

テープでぐるぐるに巻いて固定しました。

結局、操縦桿は片手分着けて終わりました。(電装班に申し訳ない…)

次回

テールかんざし取り付け

操縦桿取り付け

主翼マウント補強

2017.07.12 Wed l フレーム・カーボン l コメント (0) トラックバック (0) l top

7月9日、日曜日だからどっかに出掛けたいな~海にでもいきたいな~

なんて思いながらこの日も、作業場にやって来ました!!

作業内容

フランジ取り付け

成果

まずはフレーム、テール中、尾翼テールまで全部繋げて、治具にセットします。

注意!!

フランジの位置に気を付けましょう!フランジはまだ固定されていないので、治具が邪魔してフランジが取り付けられない位置にある場合があります。

そして、治具に着けたら水平だしです。

治具ひとつごとに水平を出すのがよい!2つとか一気に合わせようとすると一生水平はでません!

水平が出たら、けがきせんに合わせてフレームがまっすぐになるように調整しますが、けがきせんに合わせても全然垂直尾翼と水平尾翼の角度がおかしい!

もう、けがきせんは無視して、垂直尾翼と垂直尾翼マウントにボルトを通して、そこに十字のレーザーを当てて垂直、水平が出たところで取り付けることにしました。

テールパイプを回して水平、垂直尾翼にレーザーを合わせ、そこで固定します。次に、フレームの前足にレーザーを当てて垂直になるように回します。このとき、テールを押さえる人はものすごいトルクに耐えて、テールパイプが回らないようにします。

こうして角度が合ったら、24エポをフランジ取り付け位置に塗って、フランジを固定します。そして5エポで点固定したら20分ぐらい保持して、テールパイプを抜いたら終了です。

点固定は均等に塗りましょう!桁の360度のうちの180度だけに塗ったりしたら抜くときにずれてつけ直しになります!

正十二角形くらい作るつもりで点固定しましょう

次回

主翼マウント補強

操縦桿製作、取り付け

テールかんざしガラスクロス巻き(一部)

備考

夏場の作業は休憩が命!1時間ごとに休憩。これをしないとやばかった...

そして人手が少なくてほとんど写真がない

2017.07.10 Mon l フレーム・カーボン l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は七夕でしたね!
もちろんたんざくには

鳥コン優勝!!

って書くつもりでしたね。(短冊がなかったけど・・・)

さて、本日というか、昨日の日誌は

成果





静大が誇る超有能マシーンのCNCフライスでかんざしを製作しました。
このときの注意は、
cadのデータを無理に変えて切削の深さを変えるな!

ってことですね。cadデータはあらかじめ実物よりも1ミリくらい大きくして捨て板を切りましょう。(この情報は部内向け)



そんなこんなで出来上がったかんざしをひたすらリューターで削ってテールにはめていきます。ひとつのかんざしがテールにはまるようになれば、あとはそれを基準にしてほかのかんざしも削っていくだけです。

ふたつのかんざしを重ねて太い部分に印をつけて印が消えるまで削ります。

リューターの先端を荒くすれば一つ10分ちょっとでできました!



次にフランジです。

こちらはかんざしよりも精度が必要なので、ペンで印をつけてまんべんなく丁寧に削りました。

中心がずれたら大変だもの!



そして、全部削れたらエポで接着します。


まず、取り付ける位置に白い上を、テールに垂直にまいて、ペンで印をつけます。

印がついたら印をもとにマスキングテープを巻いてかんざしが桁に対して垂直につくようにします。



そして、接着したら本日の作業おわり!

おら、一年ども!TOEIC満点とれよ!!(本日はTOEICです)

次回
・かんざしやすり、接合
・主翼マウント補強

2017.07.08 Sat l フレーム・カーボン l コメント (0) トラックバック (0) l top