この新兵器が始動する時、
ヒコーキ部は大きく動き出す・・・
SN3U00453.jpgSN3U00444.jpg
果たしてその正体やいかに
続報を待て!


2011.10.19 Wed l 製作技術 l コメント (0) トラックバック (0) l top
はじめまして、molです。(宮本です、浸透してないですね)
やーさんの記事からだれも続いておらずつないでほしいと言われたのでこれは後に続くしかない
と思いバトンを受け取り、書くことにしました。

私は、駆動班に所属することになりましたが今年度の班員全員が全く駆動に関する知識がないので
これからどうなるか先が思いやられますが、がんばっていきたいともいます。

とりあえず書くことがないので今日の作業でも
大型スライサー制作中!
2011.10.17 Mon l 製作技術 l コメント (1) トラックバック (0) l top
こんばんは、元駆動班長の上野です。
(余談ですが、今月下旬に宝塚花組が全ツーで、ここ浜松に来ますwww)

現在、次期機体の設計作業が進んでいるようですが、どういった機体になるのか楽しみです。

設計が進められている傍ら、カーボンパイプを自作しようという事になりました。
というのも、ウチのチームはカーボンパイプを自作する技術が無く(!?)、
前回の機体「Deneb」の主桁・フレーム等は全て発注という事になった訳ですが、
如何せん、金が掛かり、一時期部費が底を尽きかけました・・・

コスト削減以外にも、必要な時にカーボンパイプが自作できるとなると、何かと都合が良さそうなので、
数年越しになりそうですが、試作しようという方向になりました。

本日、部室周辺(!?)にある木材を使い、試験炉を製作開始。
試作炉製作中(1)

2011.10.06 Thu l 製作技術 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうも
明日から便利屋になる藤目です。

今回は交流飛行会にて我々に寄せられた様々なご質問へお答えします。
前回の記事から、またお前かと思われるかもしれませんが、もう少々お付き合いをお願い致します。(笑)

たぶん代替わりした後も時々このブログに出没すると思うのであしからず。

さて本題ですが、頂いたご質問の中からいくつかを紹介したいと思います。


Q1:各接合部の接着剤はどんなものを使っていますか?
A:パイプ同士の接着など、特に強度を要求されるものは、システムスリーの「T-88」というエポキシ系接着剤を使っています。(24時間硬化)

2011.08.31 Wed l 製作技術 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうもお久しぶりです
代表の藤目です

やっとテストが終わりました
しかし、これから各資料作成や桁試験に向けた準備などやらなければならないことがたくさんあって休んでいる余裕はなさそうです。

しかも静大の1年生は今週の日曜日にロボコンがあるので最終調整が忙しいのかほとんど部室に来てくれません。
まぁ去年は僕も同じだったので文句は言えませんが。

現在の状況としてはとりあえずはさっさと3面図や資料に使う3Dモデルを仕上げなければいけません。
テスト中に3面図はちょっとずつ作っていたのであと数日で終わりそうですが、各部品のCGはこれから作ります。
無題1
↑3面図は今のところこんな感じ。まだ寸法や諸元を書いてません

そしてCGの方も外観図は完成です
suac2011-2 - コピー
使用したのはやっぱりGoogleSketchUp
もう何回かこのブログで取り上げているのでご存知の方もいるでしょう。

今回はさらにレンダリングソフト「kerkythea」を使って最後の仕上げをしてみました
2011.02.16 Wed l 製作技術 l コメント (2) トラックバック (0) l top